ドラマを見る。本を読む。

NetService
最近、使い始めた2つのインターネットサービス、HuluとKindleについての感想を述べたい。

1.Hulu(フールー)

 映画(旧作)やテレビドラマ(主にアメリカ)を月額980円で視聴できる。AppleTVに対応したのを機に試してみた。以下、気づいたこと。

◎ 長所

  • 画質は、まあよい。 → 光回線、Wi-Fi接続でHD画質(720p) 3G回線でSD画質(480p)
  • パソコン、タブレット、スマートフォン、TV(AppleTV)など、あらゆる端末で見ることが出来る。
  • 見ていたところを記憶しており、どの端末で見ても続きから見られる。(滞りなく、スムーズに。)

◎ 短所

  • ストリーミングのため、ネットに繋がらないと見ることができない。
  • コンテンツがそれほど多くない。
  • 日本語吹き替え版がない。

 アメリカのテレビドラマを見る人にはお勧めできる。あとは、月額980円を安いとみるか高いと見るかだ。TSUTAYAなら、2話100円(だったと思う)で1週間レンタルできる。一月に20話見て元が取れる計算だ。
 時間を細切れにしか確保できない人にもお勧めできる。例えば、2時間の映画のうち、1時間をテレビ(AppleTV)で見て、残りの30分をiPad、更に残りの30をパソコンで見るということがスムーズに行えるのだ。これは、まとまった時間を確保できない自分にとって、とても便利な機能だ。
 iPadでの視聴というと、画面が小さく迫力がかける感じがするが、実際に見てみると悪くないことが分かった。画面に近いことがその理由かもしれない。

2.Kindle(キンドル)

 Kindleと聞くと、Kindle Paperwhite などのEインクを使った読書端末を思い浮かべる。 最近では、Kindle Fire のような格安 Android 端末だろうか。
 しかし、iOS 用の Kindle アプリを使うと、この考えが間違いだと分かる。kindleとは、ハードではなく、コンテンツを提供するサービスなのだ。

◎ 長所

  • 端末を選ばない。 → Kindle端末はもちろん、iPad、Android、パソコン(Mac/PC)でも!
  • 読んだところをクラウド上で記憶しており、どの端末からもそれまでの続きから読むことができる。

◎ 短所

  • コンテンツが十分ではない。
  • コミックは、高精細(Retina)ディスプレイに対応していない。

3.まとめ

 コンテンツのネット配信が、本格的に始まったことを実感する。音楽がそうであるように、本や映画もネットで購入する人が増えるだろう。
 今回、二つのサービスを利用して、予想以上に iPad との相性がいいことが分かった。 iPad 購入者は、試してみる価値がある。iPadの良さを再認識するだろう。

Windows環境でiOSからプリントする

FingerPrint設定図
 最近、iPadを導入する学校が増えた。教員の中にも好んで iPad を購入する人が出てくるようになった。
 しかし、一般に学校は、Windows を基盤としたシステムで固められており、突然 iPad を導入しても、プリンターに接続できない( AirPrint できない)ところが多いだろう。
 この場合、FingerPrint を導入すれば解決できる。FingerPrint は、AirPrint に対応していない環境で、それを可能にするソフトウェアだ。FingerPrint が、iOSからデータを受け取り、Windows のドライバーを使って印刷する。iOS機器から見ると、通常の AirPrint と全く変わらない。また、インストールしているWindows機も動作が重くなることはない。
 印刷は、Windowsのドライバーを使うため、通常の AirPrint よりも細かく設定できる。設定を複数(例えば、カラー印刷とモノクロ印刷など)用意すれば、iOS側で選んで印刷できるので、通常の AirPrint よりも便利だ。
 2千円弱で、Windows用のすべてのプリンターを iOS に対応させることができると考えれば安いと思う。

 残念なことは、Mac からアクセスできないこと。これは、Macが AirPrint に対応してことに起因する。今後、Appleからアップデートがでることを期待する。

iPadとキーボードの矛盾する考え

iPadとキーボード

iPad用、キーボード付きケース(カバー)について、相反する2つの考えを紹介する。どちらも私のものだ。

■ キーボード付きケースに否定的考え

 iPadをキーボード付きケースにいれて使っている人を時々見かけるが、違和感を感じるときがある。なぜなら、iPadは、Netbookを否定して生まれた機器だからだ。長い議論の末、キーボードを付けないという選択をして生まれたこの機器に、また、キーボードを付けるというのが、悪い意味でWindows的発想(なんでも付いているのがよいという発想)だと感じてしまう。
 もちろん、iPadとキーボードをつなぐと便利な場合もある。しかし、必要な場合は、その時だけBluetoothキーボードに接続すればよい。ケースでキーボードを固定してしまっては、iPad本来のよさ(薄く、軽く、手軽で、美しい)を殺してしまう。iPadをわざわざ「劣化Netbook」におとしめる必要はない。
 「キーボード付き」が必要なら、素直にMacBook Airなどのモバイルパソコンを購入すべきだ。

■ キーボード付きケースに肯定的考え

  • iPadは、発展途上の新しい機器だ。あらゆる可能性を否定すべきでない。(Netbook 的な使い方であっても!)
  • ケースは使い分けできる。文章作成が主な用途の時は、キーボード付きケースが便利だ。
  • バッテリーがノートパソコンより大幅に持つので、気楽に持ち歩け、安心して文章作成ができる。
  • 3G回線やスマートフォン用Wi-Fiアクセスポイントがが使えるため、外出時でもネットに繋がりやすい。このため、クラウドサービス(iCloud、Dropbox、Evernoteなど)を活用でき、文章の共有が容易にできる。
    (下書きは、iPad、清書はMac/PCという使い方が、シームレスにできる。)
  • これまで弱かった日本語入力環境が、iOS 5 や ATOK Pad の登場で改善された。

 3つ目以降は、「キーボード付きケース」ではなく、「キーボード」を使うメリットだが、iPadが文章作成に有用なら、キーボード付きケースも「あり」だということになるだろう。

■まとめ

 こうやって考えてみると、iPadとキーボードをつなぐメリットはそれなりにある。iPadを購入するなら、Bluetoothキーボードの購入は考えていいと思う。
 しかし、やはり私は、「キーボード付きケース」には否定的だ。キーボードを買うなら、セパレート式の方が、合理的で美しいと思う。iPadをNetbookにしても、文字入力の快適さは、モバイルパソコンやAndroid機(文字入力を重視したもの)にはかなわないし、カバーで固定しても、結局、Bluetoothで繋がらなければならないのだから。

 iPadは、スマートフォンとノートパソコンのすき間を埋めるものとして開発された。そういう使い方が、iPadらしいと思う。

Airと共に購入したもの

 2012年1月2日にMAcBook Airを購入した。このとき一緒に購入した周辺機器と共に紹介する。


MacBookAir

MacBook Air 11inch

  • 購入場所 Apple Store
  • 購入価格 106,491円(お正月特価)
  • メモリー 4GB SSD 128GB
  • CPU 1.8GHz Intel Core i7
  • USキーボード

 常に持ち歩くなら、やはり11inchモデルだ。仕事バッグにそのまま入れられるし、より軽い。しかしバッテリーの時間は、3時間程度、画面の解像度も高いため、標準では文字が小さくなる。つまり目に負担がかかってしまうなどの問題もある。
 CPUは、Core i7 にアップさせた。11inchの場合、標準のi5より25%ほど、処理速度が速くなるらしい。11inchモデルのcore i5には、仮想化用の機能が削られているのが理由だそうだ。(13inchの場合、ほとんど変わらない。)
 メモリーは、4GBが必携だが、SSDの容量は迷う。モバイルとして用途を絞り、Windowsをインストールしないことで、128GBとした。
 キーボードは、USを選択した。好みの問題だが、キーの数が少なくなること、ホームポジションが真ん中に来ること、そして、印字が少ないために美しくなることが選択の理由だ。JISに慣れている人は、JISがいいかもしれない。


KraftPaperのケース

Non-tear Kraft Paper
MacBook Air 11 用 インナーケース

  • メーカー EVOUNI
  • 購入場所 amazon.co.jp
  • 購入価格 3,980円

 見かけは、薄い紙でできた書類ケース。それなりにしゃれていると思う。この薄いケースからMacBookAirを取り出すと、初めて見る人はみな驚く。紙でできているため、とても軽いのもポイント。カバンに入れても重くならない。結果、持ち歩くカバンが一つになった。
 内側には、赤のフェルト生地が使われているため、ちょっとした衝撃や摩擦による傷を防いでくれる。


Jambox

JAMBOX
ワイヤレススピーカー

  • メーカー Jawbone
  • 購入場所 Apple Store
  • 購入価格 13,800円(お正月価格)

 小さくて、洗練されたデザインのBluetoothスピーカー。スピーカーフォンにもなる。専用のケースも付いていて、持ち運びも簡単だ。
 細部まで作り込まれていて、一つ一つの動きも洗練されている。例えば、AirやiPhoneなどとベアリングするときには、「ベアリングモード」としゃべる。電源を切るとき、そうしていることが分かる音が出るから切れる。
 とにかくかっこいいスピーカーだが、音はそれほど大きくない。(この大きさとしては、大きい方だそうだ。)私は、教室で音楽の授業に使えないか試したが、音量が足りなかった。あくまでも一般の部屋で普通に音楽を楽しむためのスピーカーだ。


Air電源ケース

MacBook Air電源用ファスナーケース

  • メーカー バンナイズ
  • 購入場所 amazon.co.jp
  • 購入価格 2.415円

 MacBook Air ’11 は、バッテリーが長くは持たないのが欠点だ。だから、電源アダプターを持ち歩く必要性が出てくる。このケースは、それにぴったりの大きさだ。
 Airの電源は軽いので、これに入れてカバンに放り込めば、いざという時に安心だ。若干のゆとりもあるので、USBメモリー、SDカードリーダーなども一緒に収納することができる。

MacをiPhone経由でインターネットにつなぐ

Itether

 手持ちのMacやPCが、iPhone経由(つまりその回線で)でインターネットにつなげたらどんなに便利だろう。 お気に入りのカフェで、おいしいコーヒーを飲みながら楽しく仕事ができる。
 しかし、残念ながら日本のiPhoneは、テザリングができないようになっている。これを許してしまうと通信会社の回線がパンクしてしまうからだ。日本のiPhoneの通信料は、世界的に見ても安いため、これはいたしかたないかもしれない。

 しかし、Apple好きの人々が集まる場所に顔を出すと、テザリングできるiPhoneを持っている人と出会うことがある。私は2回、テザリングを体験した。

(1)SIMフリーiPhone

 海外で購入したiPhone4を佐賀Appleユーザーの会(SAUG)で見せてもらった。回線がドコモだったため、スピードが速い。当然だがエリアも広いそうだ。
 驚いたのは、テザリングしたときに、iPhoneのGPS情報も共有されること。Wi-FiでこのiPhoneにつなぐと、GPS機能が付いていないiPadでも、現在地が表示された。
 iPhoneは、元々、テザリング以上の機能を備えているのだ。つながったことを表すアイコンも特別なものが用意されていた。
 香港やアメリカのAppleStoreでは、SIMフリー版が売ってあるそうだ。ドコモ回線のiPhoneを使うには、ここで購入してドコモのSIMを刺せばよい。ただし、日本のAppleStoreで、サポートを受けるには、香港版を購入する必要があるらしい。

(2)iTether

 昨年、iTetherというiPhoneアプリをAppStoreで購入した。これは、USBでiPhoneとMac/PCをつなぎ、iPhoneをモデムとして使うソフトである。
 たまたま、twitterのタイムライン見ていたら、このアプリの話題が出ていたので、素早く購入した。案の定、その後すぐにStoreから削除された。現在は、発売されていない。
 使ってみての感想は、やはり「遅い」というものだ。これはSoftbankの3G回線を使うため仕方がないかもしれない。
 しかし、それでも普段の仕事に使う分には、十分役立つ。

■ まとめ

 コンピュータをよく利用する人にとって、携帯の「テザリング」は熱望する機能だ。これができないため、私の周りでは、モバイルルーターを購入する人が多い。
しかし、これでは、持ち歩く機器が増えてしまう。やはり、手持ちのiPhoneでできるようになるのが、合理的だ。

 通信会社のバックボーンの問題で、すぐには難しいかもしれないが、月額1000円、2000円の追加料金でこれが可能になれば、とても便利な世界になると思う。
 あと2、3年後には、そうなっているのではないかと予想している。期待も込めて。

告白

 クリスマスに、最もクリスマスらしくない映画を観た。
 題は、「告白」。生徒に娘を殺された女教師を中心に、関係者の「告白」により話が進む映画だ。映画が公開された昨年、知人(教育関係者)の間で、話題になったのを思い出して、iTunesでレンタルし、(よりによってクリスマスの日に)観ることにした。

 背筋が凍る映画だが、時代を映していると思う。あそこまで極端ではないが、方向性として、この映画に登場するような子供、保護者、教師はいる。あり得ない話のようだが、まったくあり得ない話でもないと思わせるところが、「観た方がいい」と言われた理由だと感じだ。(さすがに爆弾は、あり得ないが。)

 「善」を演じなければならない人は、決して語らない、語ってはならないダークサイドを描いた映画。
 だから衝撃を受ける。

新型ポメラがでた!!

Dm100
最近に気になるアイテムは、ポメラDM100(2011/11/25発売)だ。
私は、DM20を持っているが、ポメラは、テキスト入力用モバイルデバイスとしては、最高だと思っている。
ちまたでは「iPhone/iPad+キーボード」の方が人気が高いが、私の環境(iPhone4、iPad)では、実用的でなかった。日本語変換が中途半端(携帯向けのまま)だし、アプリにもよるがスピードも遅いからだ。おまけに、Bluetoothの接続にも時間がかかり、接続状態も不安定だった。
一般的に、何でもできるデバイスというのは、処理速度、バッテリー、重量、価格のどれかが不十分なことが多い。
テキスト入力に特化したポメラは、この点で潔い。故に実用的なのだ。

さて、今回のDM100だが、順当な進化を果たしている。私が望んでいたことの多くが改善されている。
具体的には、下記のことだ。

  1. 3つ折りから2つ折りになり、薄くなった。・・・・鞄の収まりがよくなる。
  2. Macに正式に対応した。・・・・・・・・・・・・・私はMacユーザー。
  3. 電子辞書(国語、英和、和英)が搭載された。・・・文章作成に辞書は必携。
  4. Bluetoothが搭載された。 ・・・・・・・・・・・・iPhoneの簡易キーボードとして使える。
  5. 表(データはCSV)が扱えるようになった。・・・・データの入力用としても使える。
  6. MicroSDからSDカードに替わった。 ・・・・・・・データ交換が容易になる。(SDは、Macに限らず接続しやすい。)

ただし、実売価格が3万円というのは、髙いかもしれない。なぜなら、NECが発売しているキーボード付きAndroid(Life Touch NOTE)の値段が2万円を切っているからだ。
LifeTouch は、文字を入力するのに最適化されており、バッテリーもかなり持つらしい。スペックだけに注目すると、ポメラの勝るところはない。

しかし、それでも私は、ポメラを選びたい。乾電池で十分な時間動くからだ。バッテリー駆動だと、充電状態を常に気にしておかなければならない。

もう少し値段が下がったら、購入を検討したいと思う。2台目だが、仕事用とプライベートに使い分けができる。

夏が始まった!

駐車場からの眺め
※ マリノアシティーの駐車場からの眺め。ものすごく暑い日だった。

 7月17日(日)、私の誕生日の日に、福岡のマリノアシティーにでかけた。特に買いたい物はなかったが、町に出たかったし、海が見たかったし、観覧車にも乗りたかった。それで、福岡のマリノアへ出かけた。この近くは町並も美しいため、ドライブしていても気持ちがいい。それも、ここに来た理由だ。

 半日いて、買ったのはシャツ一枚だけだったが、夏の始まりとしてはよいスタートが切れたと思っている。
 ここ3週間、昼夜、休みなく働いた後なので、特に楽しい休日となった。リフレッシュできたと思う。

 3月に、考えもしなかった事実が分かり、変化を強いられている。
 今年の夏は、ターニングポイントになりそうだ。忘れられない夏になるだろう。

Marinoa2
【写真上】昼食はイタリアン。お店の名前は、インフォルノ。海が見えて雰囲気がよい。
【写真下】ステージではダンス大会が開かれていた。若者は、心も熱い。
Marinoa0
観覧車に乗った。眺めは最高だが、かなり暑い。ちなみに写真は、昨年のもの。取り壊された大きい方だと思われる。私が乗ったのは、これよりちょっと小さい。
IMG 0614
観覧車を降りた後、海をバックに。
笑ってはいるが、暑さで体力は限界。洋服は汗でべたべた。それでも夏を感じることができて心はどこかさわやかだ。

SNSをどう活用しているか。パート2

SNS構築の図

以前(2010/12)、「SNSをどう活用しているか。」でSNSの活用を図にまとめた。
あれから、半年近く経って、SNSとの関わり方が変わってきた。
昨年、ほとんど利用していなかった Facebook が活動のメインとなり、Twitter のウェイトはかなり減った。

理由は、Facebookが、本当の自分を公開して参加するSNSだからだ。
これまでのSNSは、mixiにしろtwitterにしろ匿名が基本であり、顔が見えにくかった。このため、どうしてもネットだけの関係となる。「情報を得る」という意味で価値はあるが、真の意味で「つながり」や「信頼関係」を構築するのは難しい。
この点、Facebookは実名公開を義務化するなど、本当の自分でないと参加できない。このため、現実世界と結びついた関係(顔の見える関係)が構築される。Facebookは、リアル世界を充実させるためのSNSだといえるだろう。

昨年、メインのSNSだったTwitterは、「今」の情報を共有するもの、イベントを告知するためのものに変わった。まさに、「ゆるいつながり」のためのメディアとなった。

メーリングリスト(Googleグループ)の位置づけも微妙に変わった。メーリングリストは、元々交流が目的だったが、現実的には、「活発」とはなりにくかった。最大の理由は、「顔が見えない」ことだと思う。顔が見えなければ、多くの人は発言しない。
従って、現在は、情報の告知に重きを置いている。SNSに参加しない、ライトな人々との接点となるメディアとして位置づけている。

Blog(WordPressで構築)は、今後も重要なメディアだと思う。システムを自分でコントロールできるのは、やはり魅力だ。(←幻想かもしれないが。)

佐賀Appleユーザーの会(第4回)

01pic 02pic 03pic
今回は、18名が参加 会設立の経緯と概要の説明 なんとあのNewtonが!しかも完動
04pic 05pic 06pic
MacPeople 6月号に武雄市の「電子図書館」の記事が掲載されている。 武雄市長&日本フェイスブック学会会長も参加。 iPad 2を購入した人が数名。マグネット式のカバーをしても薄い。

 5月21日(土)、第4回Appleユーザーの会(SAUG)を行った。 今回は、18名が参加。佐賀市のJETROOMを貸し切って行った。
 日本フェイスブック学会会長&武雄市長の樋渡さんも参加していただいた。当然ながら武雄市のICT活用の話題が多くあがった。(iPadで借りられるデジタル図書館、小学校へのiPad導入など。)
 武雄市では、市のパソコンをMac変更するかもしれないとのことだった。 (実現したらすごいことだと思う。)

07pic 08pic 09pic
大阪で開かれたデジタル教科書シンポジウムについてのレポート。 東日本大震災の募金をiTunes経由で行った。 参加者へのプレゼント。今回は、比較的高価なものもあった。

 東日本大震災の募金も行った。ここで集まったお金(1万4000円)は、iTunesを経由し、その場で日本赤十字社へ送金した。ネットでの募金は、一人でやるのは味気ないが、みんなでやれば、充実感を感じることができる。送金が完了すると拍手が起こった。

 最後は、参加者へのプレゼント。無線のキーボードやiPod用スピーカー、MacBook Pro のケースなどが当たるというもの。実は、このほとんどがAUGM長崎で獲得したものだったが、iPad/iPhoneを充電できる大容量のバッテリーは、小川さんからのプレゼントであった。

■次回は・・・

 7月か8月を予定している。 今、話に上っているのは、WordPressについて。「WordBench佐賀」とのコラボレーションだ。 開催時期を考えると、SandyBridgeを搭載したMacBook Airも発売されているだろうから、これも話題になるだろう。

 最近、SAUGメンバーの交流は、Facebook上で盛り上がっている。興味のある方は、是非、こちらも覗いてほしい。

←Older