ブログエディターは何がいい?

一般的に、WordPress を使っている人は、Webから更新するらしい。しかし、私はこれが気に入らない。
理由か以下の通り。

  1. スピードは遅い。
  2. レイアウトがイメージ通りに表示されているか確かめるのが大変。
  3. データも手元に残らない。

MarsEdit_ICON.pngやはり、専用のエディタがほしい。
Windows には、Windows Live Writerという無料のソフトがある。Microsoft製であり、かなり良さそうだ。
しかし、Mac用のソフトについては、あまり名前を聞かない。
そこで、色々調べて、試してみることにした。Ecto、MacJournal、ScribeFire、Kaku・・・・。
最終的に行き着いたのが、MarsEdit だ。
MarsEditは、英語版(個人的にはこれは痛い)しかなく、 $39.95のシェアウェアだが Coda(Web用エディタ)を使っていた私には、かゆいところに手が届くソフトのように感じた。(使い続けると違う印象になるかもしれない。)

■ MarsEdit の長所

  1. 基本的にはタグ打ち型だが、レイアウトを、Preview画面で確認できる。
  2. CSSが、編集できるため、Preview画面をブログのデザインに近づけることができる。
  3. 使うタグも自分でカスタマイズできる。
  4. 挿入するタグにショートカットを割り当てることができる。
  5. 画像投稿など、面倒くさい作業が簡略化でき、画像のリサイズも自動的にやってくれる。
  6. アップデートも定期的になされている。(今年バージョン3に上がった。)
  7. ブログ本体だけでなくページの記述もできる。

自動的にやってくれるところと、自分で設定できるところのバランスがよい印象を受けた。
反対に欠点を挙げるとしたら・・・

■ MarsEdit の短所

  1. タグの自動補完をやってくれない。
  2. 基本的なタグですら、メニューかリストで選ばなければならない。ワンクリックという分けにはいかない。
  3. 日本語版がなく、情報も多くない。

■ まとめ

タグ打ちが基本の人には、お勧めできる。カスタマイズが容易で、リアルタイムに表示されるPreviewも実際とほぼ同じように設定できる。
反対に、リッチテキストで書きたい人には、向かないだろう。

Leave a comment

Your comment