楽しかったAUGM福岡

AUGMとは、Apple UserGroup Meeting の略で、Appleユーザーが主体となるコンピュータのイベント。
去る9月26日(日)、福岡でも開催された。5年ぶり2回目だ。
AUGM長崎などと比べると参加者は少なかったが、それでも60名を超えていた。

テーマは、「音楽と映像とMac」だ。
今回のAUGMは、これまでのものとは趣が変わっていた。メーカーの参加はほとんどなく、テーマに沿って音楽や映像制作についての発表が行われた。

トップバッターで講演を行った林 信行さんは、いつも新しくておもしろい物を披露してくれるのだが、今回は、iPhoneで操作する空飛ぶ円盤を見せてくれた。

名前は、AR.Drone。カメラがついていて、その画像がiPhoneに送られる。それを見ながら操縦することができる。

iPhoneのジャイロスコープ(物体の角度や角速度を検出する計測器)をフルに生かして、操縦できるらしい。(私は操縦させてもらっていないが、何人かさせてもらった参加者もいた。)

色が黒っぽく、ぱっと見、かなり重そうに見えるが実際にはかなり軽い。
室内用のカバーは、実は発泡スチロールでできている。壊れることが心配されるが、その時はその部品だけ買えばいいらしい。(触った感じでは、発泡スチロールの割には、壊れにくそうに感じた。)

子どもの時、夢で想像していたようなラジコンヘリだ。正直、かなりほしい。
しかし、実際に使える場面が少ないだろうなぁ。子どもが大きかったら、一緒に遊ぶのだが。

mukouyaメインのスピーカーは、カシオペヤのキーボード奏者、向谷実さんだ。

有名なミュージシャンだから、演奏がうまいのは当たり前だが、iPadでの演奏も素晴らしい。鍵盤は沈まないし、幅も狭いのだが、普通のキーボードのように自在に操られていた。もちろんiPad独自の長所も存分に生かして。

演奏だけではない。トークもおもしろかった。
自分は、楽器はまったくだが、そういう自分でも演奏できるのではないかと勝手に思ってしまった。

向谷さんだけでなく、スーパー高校生や中学生の講演、VJもあり、充実した内容だったと思う。
自分は、一応スタッフとして下働きをしていたが、全部の講演を聞きたかったとも思った。(受付だったので聞けないこともあったので。)
いつも思うのだが、AUGMで話す方はみんなプレゼンがうまい。自分もあんなにできたらなと思う。

懇親会も豪華だった。会場には、ドラムやギター、VJ機器ががセットされ、向谷さんをはじめ、音楽が得意な方の演奏(と楽しいトーク)を聴くことができた。大変な盛り上がりだった。

今回は、メーカー主体ではなく音楽というテーマでまとめたAUGMだった。
こんな形のAUGMもいいなと思った。楽しい会だった。
準備をしてくださった事務局の方に感謝したい。

Leave a comment

Your comment