次のポメラに望むこと

pomera.jpgpomeraQR1.PNGpomeraQR2.PNG

 iPhone/iPadがBluetoothキーボードに対応し、ポメラの有用性が薄れてきた。
 iPhoneはいつも持ち歩いているし、電池の持ちもそれなりによい。Bluetoothキーボードもコンパクトなものがでてきており、携帯性の上でもポメラよりよいかもしれない。(ポメラは鞄の収まりがよくない。)
 おまけに、EvernoteやPages(これは、iPadのみ)など、高性能なソフトもでてきており、Wi-Fiや3G回線で自動的にシンクロしてくれたりする。

 ただ、ポメラにも長所はある。
 ATOKを標準装備しており、文字入力がしやすい。液晶画面も大きく、ギラギラしたバックライトもないので、文字だけなら見やすく疲れないだろう。長時間の作業には向いている。
 接続に関しては、iPhoneにはpomeraQRという無料のソフトが出ており、これを使えば、簡単に文章をEvernoteにアップできる。短い文章ならiPhoneのみでも良いが、長文となるとやはりポメラに分があるだろう。(Bluetoothキーボードと比較するとどうなのだろう。)

■ 次のポメラで改善してほしいこと

1.厚さ
 ポメラは確かにコンパクトだが、薄くないために鞄に入れることが難しい。これは、キーボードを折り畳み式のためだ。次のポメラは、これを開いたままにして、薄くするべきだ。重要なのは横幅ではない。厚さなのだ。これによって、画面サイズが大きくなれば、さらによい。(横長なら、もう一つ電池を投入してもよいかもしれない。重さが大丈夫であれば。)

2.Macを正式にサポートする。
現在のポメラは、公式にはMacをサポートしていない。しかし、Macともつなげることはできる。Macユーザーはガジェット好きだし、よい宣伝マンにもなる。特にポメラのようなマニアックな機械は、Macユーザーの方が相対的に関心が高いのではないだろうか。
 Macとつないでみると、マウントするまでに1,2分ほどかかる。これも改善してほしい。文字コードがUTF-8になれば、更に素晴らしい。(MacはUTF-8が基本。ユニコードに対応している。)

3.コンピュータ/クラウドサービスとの接続ソフトを開発する。
 USBでつないだ瞬間に、Evernoteや特定のフォルダへデータを転送、(できればシンクロ)してくれれば、かなり便利だ。開発もそんなに難しくないはずだから、是非実現してほしい。

iPhoneやiPadの登場で、ガジェットの高機能化が進んでいる。しかし、iPadが出てもKindleが人気のように、単機能ゆえの良さはある。
次のポメラが開発されるのなら、期待をしたい。(今のところそういう噂はないが。)

Leave a comment

Your comment