SNSを構築の研究

 佐賀Appleユーザーの会を立ち上げてから、人と人をつなぐシステムの構築に興味を持つようになった。現在、利用中、または検討しているシステムは、次の2つである。
 少しだけ試用しての感想(長所と短所)を述べたい。「少しだけ」なので、間違っているかもしれないがそこは、お許し願いたい。なお、青色で書いているのが短所である。

システム名 概  要 特    徴
googlegroup.jpg
Googleグループ
ディスカッションツール。
  • 簡単にメーリングリストが作成できる。(広告は入らない。)
  • 公開、非公開、メールの受け取り方など細かく設定できる。
  • Web上でも読み書きできる。(間違って削除しても安心)
  • メーリングリストのみに特化。他のサービスは終了する。
  • 名簿管理は別に行わなければならず、これだけで完結しない。
buddypress.jpeg
BuddyPress
WordPress上で実現するソーシャルネットワーク
  • オープンなSNS、そこそこ高機能。
  • 複数の人で管理できる。(おそらく)
  • プラグインなどを使い、機能向上、カスタマイズができる。
  • 設置は、それなりに難しい。
  • 私の環境では不安定。プラグインのコンフリクトも起こりうる。

 Googleグループで、メーリングリストを作るのは簡単だ。
 昨日の忘年会で、職場の人とおいしい物を食べにいくグループを作ることにした。仕事中は忙しくて話せないので、日程調整などはここでしようというものだ。出入りがそこそこある職場なので、出て行った人とも繋がれる。職場のコミュニケーションも円滑になるかもしれない。

 BuddyPressは、なかなか良さそう(下記の参考サイトを参照)だ。プラグインを追加するとtwitterでログインできるようにもできるらしい。
 これで、ICT活用に高い関心を持つ先生をつなげるSNSが構築できないだろうか。
 デジタル教科書・デジタル教材についてのメーリングリストはあるが、これらは、閉じたシステムであり、メンバー以外、中の様子は分からない。逆に、twitterはオープンだが、濃い内容を話し合うのには向かない。
 このような既存のシステム(ブログ、メーリングリスト、twitterなど)、ICTに高い関心を持つ人々をつなげるポータルサイトが必要だ。そして、そのシステムをBuddyPressで構築できないかと思っている。
 BuddyPressで構築したサイトは、WordBenchが参考になる。このような、ポータルサイトは、ICT教育関係では今のところないと思うし、必要なシステムだと思う。

※ WordBenchは、BuddyPressをほとんどカスタマイズしていない、シンプルな作りとなっている。
 

■ 私が参加しているGoogleグループ

  • FM-Kyushu ・・・・・・・・九州の FileMaker Pro ユーザグループ
  • 佐賀Appleユーザーの会・・・名前の通り、佐賀のAppleユーザーの集い。私が管理人を務めている。
  • Tグルメクラブ・・・・・・・招待制の佐賀グルメクラブ

■ 参考となるBuddyPressを使ったサイト

2 Comments

本田12月 24th, 2010 at 8:38 PM

目下デスマーチ中なんで、少しだけ。

今、FileMakerの開発者向けグループを新設しようと動いていて、構築作業やってます。
考えてるのは、GoogleGroupesでディスカッション、GoogleSitesでWiki、GoogleDocsでファイルホスティング、Googleカレンダーでスケジュール、ってな構成。
Google Appsが無料版だと制約が多いので、通常のGoogleサービスを組み合わせて、グループ向けに使うって感じです。勘所が分かってればカスタマイズも容易だし、何よりサーバー代も掛からない。
SNSではなく、徹底的にオープンなグループの場を設ける話なので方向性はちょっと違いますが、無難で手軽な構成だと思います。

chijiiwa12月 25th, 2010 at 2:37 PM

お〜!本田さん。
FileMakerの開発者向けグループ、いいですね。
全てGoogleで構築を検討とのことですが、一つのサイトのように構成することが可能ですか?

>SNSではなく、徹底的にオープンなグループの場

私も、本田さんと同じようなものを構築したいと考えています。
ちなみに、BuddyPressでもオープンなサイトが構築でいるんですよ。

次回のFM九州では、FileMaker以外にも、“グループ構築”についてもお話しできると嬉しいです。

Leave a comment

Your comment