新型ポメラがでた!!

Dm100
最近に気になるアイテムは、ポメラDM100(2011/11/25発売)だ。
私は、DM20を持っているが、ポメラは、テキスト入力用モバイルデバイスとしては、最高だと思っている。
ちまたでは「iPhone/iPad+キーボード」の方が人気が高いが、私の環境(iPhone4、iPad)では、実用的でなかった。日本語変換が中途半端(携帯向けのまま)だし、アプリにもよるがスピードも遅いからだ。おまけに、Bluetoothの接続にも時間がかかり、接続状態も不安定だった。
一般的に、何でもできるデバイスというのは、処理速度、バッテリー、重量、価格のどれかが不十分なことが多い。
テキスト入力に特化したポメラは、この点で潔い。故に実用的なのだ。

さて、今回のDM100だが、順当な進化を果たしている。私が望んでいたことの多くが改善されている。
具体的には、下記のことだ。

  1. 3つ折りから2つ折りになり、薄くなった。・・・・鞄の収まりがよくなる。
  2. Macに正式に対応した。・・・・・・・・・・・・・私はMacユーザー。
  3. 電子辞書(国語、英和、和英)が搭載された。・・・文章作成に辞書は必携。
  4. Bluetoothが搭載された。 ・・・・・・・・・・・・iPhoneの簡易キーボードとして使える。
  5. 表(データはCSV)が扱えるようになった。・・・・データの入力用としても使える。
  6. MicroSDからSDカードに替わった。 ・・・・・・・データ交換が容易になる。(SDは、Macに限らず接続しやすい。)

ただし、実売価格が3万円というのは、髙いかもしれない。なぜなら、NECが発売しているキーボード付きAndroid(Life Touch NOTE)の値段が2万円を切っているからだ。
LifeTouch は、文字を入力するのに最適化されており、バッテリーもかなり持つらしい。スペックだけに注目すると、ポメラの勝るところはない。

しかし、それでも私は、ポメラを選びたい。乾電池で十分な時間動くからだ。バッテリー駆動だと、充電状態を常に気にしておかなければならない。

もう少し値段が下がったら、購入を検討したいと思う。2台目だが、仕事用とプライベートに使い分けができる。

Leave a comment

Your comment