iPadとキーボードの矛盾する考え

iPadとキーボード

iPad用、キーボード付きケース(カバー)について、相反する2つの考えを紹介する。どちらも私のものだ。

■ キーボード付きケースに否定的考え

 iPadをキーボード付きケースにいれて使っている人を時々見かけるが、違和感を感じるときがある。なぜなら、iPadは、Netbookを否定して生まれた機器だからだ。長い議論の末、キーボードを付けないという選択をして生まれたこの機器に、また、キーボードを付けるというのが、悪い意味でWindows的発想(なんでも付いているのがよいという発想)だと感じてしまう。
 もちろん、iPadとキーボードをつなぐと便利な場合もある。しかし、必要な場合は、その時だけBluetoothキーボードに接続すればよい。ケースでキーボードを固定してしまっては、iPad本来のよさ(薄く、軽く、手軽で、美しい)を殺してしまう。iPadをわざわざ「劣化Netbook」におとしめる必要はない。
 「キーボード付き」が必要なら、素直にMacBook Airなどのモバイルパソコンを購入すべきだ。

■ キーボード付きケースに肯定的考え

  • iPadは、発展途上の新しい機器だ。あらゆる可能性を否定すべきでない。(Netbook 的な使い方であっても!)
  • ケースは使い分けできる。文章作成が主な用途の時は、キーボード付きケースが便利だ。
  • バッテリーがノートパソコンより大幅に持つので、気楽に持ち歩け、安心して文章作成ができる。
  • 3G回線やスマートフォン用Wi-Fiアクセスポイントがが使えるため、外出時でもネットに繋がりやすい。このため、クラウドサービス(iCloud、Dropbox、Evernoteなど)を活用でき、文章の共有が容易にできる。
    (下書きは、iPad、清書はMac/PCという使い方が、シームレスにできる。)
  • これまで弱かった日本語入力環境が、iOS 5 や ATOK Pad の登場で改善された。

 3つ目以降は、「キーボード付きケース」ではなく、「キーボード」を使うメリットだが、iPadが文章作成に有用なら、キーボード付きケースも「あり」だということになるだろう。

■まとめ

 こうやって考えてみると、iPadとキーボードをつなぐメリットはそれなりにある。iPadを購入するなら、Bluetoothキーボードの購入は考えていいと思う。
 しかし、やはり私は、「キーボード付きケース」には否定的だ。キーボードを買うなら、セパレート式の方が、合理的で美しいと思う。iPadをNetbookにしても、文字入力の快適さは、モバイルパソコンやAndroid機(文字入力を重視したもの)にはかなわないし、カバーで固定しても、結局、Bluetoothで繋がらなければならないのだから。

 iPadは、スマートフォンとノートパソコンのすき間を埋めるものとして開発された。そういう使い方が、iPadらしいと思う。

2 Comments

Ken3月 4th, 2012 at 8:30 PM

私も、キーボード付きケースで、iPadが常にキーボードと一緒という環境は、iPadのコンセプトと異なっているように感じます。
と申しています私も、外出先で文章作成をすると時は、外付けキーボードを使用しています。やはり、ソフトキーボードでは、長文の論文などは作成しずらいからです。このスタイルは、あくまで、モバイルは最小限の身軽なツールのみにしたいという私の考えからこのようにしています。ですが、それ以外、ネットで調べものをする時や、メールチェックをするときなど、軽い作業のとき、言い換えれば、わざわざ、外付けキーボードを使う必要を感じない時は、iPad本体のみで、気軽に使用できることのメリットを感じています。
従いまして、私も、キーボードをつなぐメリットは、それなりにあるが、常にキーボードと一緒になった環境での使用は、iPadの使い方として、違うような気がします。

てん11月 16th, 2012 at 12:24 AM

それはそうですね、せっかくのipadなのでそのまま使う方は自然だと思います!

Leave a comment

Your comment