フューチャースクールの授業を参観(その1)

zyugyou.JPG

 1月27日、佐賀県、西与賀小学校で行われた、フューチャースクールの公開授業(4年算数)を見てきた。

 学習内容は、複合図形の面積の求め方。研究授業では「ここしかない!」というくらい、定番の内容だ。
 まず、教室に入って思ったことは、子供の数が少ないこと。これは、2クラスを3つのグループ(どんどん・こつこつ・じっくり)に分けていたからだ。そのうちの「どんどんコース」のみの公開授業。
 分かる人には分かると思うが、いろんな意味で、公開することを強く意識した選定だ。

 ICT環境は贅沢そのものだった。以下、導入されていた環境(の一部)・人。

  • 50インチ電子黒板 ・・・・ 専用パソコン、専用カメラ付き 【全普通教室分】
  • タブレットPC ・・・・・・ Windows7のパソコン。バッテリーは4.7時間持つ。【全児童(1年〜6年)+ 教師分】
  • 無線LAN ・・・・・・・・ パソコン間のデータやり取りは全てこれ。【全普通教室 + 特別教室】
  • 校内サーバー ・・・・・・ 児童の取ったノートなどは無線で全てここに保存される。
  • 回線 ・・・・・・・・・・ 光回線
  • 各種ソフト ・・・・・・・ MS Office、手書き電子ドリル、キューブきっず、デジタル教科書
  • ICT支援員 ・・・・・・・ 常駐し、授業も含めて支援。おそらく熟練した人(←ここポイント)。【1名】
  • ヘルプデスク ・・・・・・ 平日9時から17時まで、電話・メール・FAXで。
  • プラットフォーム ・・・・ 教師用グループウェア(おそらく電子掲示板)、ポータルサイト

 パソコン、電子黒板などが個別に導入されたというより、「学校用システム」が導入されたという感じだ。Macユーザーの私としては、自分の環境が入る隙がない感じだった。(電子黒板もMacでは動作しない。)

 ハードウェアもだが、注目は、「デジタル教科書」と「ICT支援員」だ。
 教師が、授業に専念できる環境になっていた。コンテンツは「デジタル教科書」が、コンピュータの設定・トラブル対応は、「ICT支援員」が担当してくれるのだ。
 これは、かなり贅沢な環境だ。どこかの学校のように、クラスの半分が、インターネットにつなぐとネットがストップし、ICT担当(クラス担任)が(時には授業中に)呼び出されるというのとは大違いだ。
 この贅沢な環境をどこまで普及させるつもりなのか興味深い。世の中は、はやり「政治主導」で動くんだなと実感した。

 少なくとも環境は、「公開することを強く意識したもの」でないことを強く願いたい。
 「システム」というのは、20%削ると、80%の効果がでるというものではない。20%削ると、10%の効果しかでない、そんなものだ。

その2につづく。

AUGM 鹿児島に参加した!

林信行氏の講演
林 信行氏の講演
https://i1.wp.com/farm6.static.flickr.com/5168/5381272730_aa1af2d9f2_m.jpg?resize=212%2C159
AR Drone の紹介
Microsft
Office 2011 の紹介
https://i2.wp.com/farm6.static.flickr.com/5084/5381338902_4facf549f2_m.jpg?resize=212%2C159
イタリアレストラン ピッコロモンド
https://i0.wp.com/farm6.static.flickr.com/5247/5381339974_046d9c575a_m.jpg?resize=212%2C159
ボリューム満点で安い!
新幹線
新幹線を使えば、かなり近い。

 講演者は、林信行さん、Microsoftの中尾さん、Macお宝鑑定団のダンボさん、YahooのBuzzTum さんなどでした。
今回は、AR Drone のParrot社の方も来られていて、何台もAR Drone を飛ばす体験会みたいなのもありました。
AR Droneを操作するAPIは、公開されており、いくつかソフトも開発されているそうです。
撃ち合いのゲームができるなど、楽しそうでした。

今回も、タイミングが合わず飛ばすことはできませんでしたが、次回は是非、体験したいです。
ちなみにトイザらスで買うと、2万円代で買えるそうです。ずいぶん安くなったなと思いました。
その他の講演もなかなか興味深かったです。皆さんプレゼンがうまいので参考にもなりました。

このMeetingで、私も「佐賀Appleユーザーの会」「教職員Appleユーザーの会」の紹介(プレゼン)をしてきました。

一番楽しかったのは、その後の食事&宴会(4次会くらいまでありました。)、次の日のランチでした。
AUGM鹿児島の方が、お薦めのお店に連れて行ってくれます。また、絶対に佐賀では聞けない話、ネットにも流れない話を聞くことができました。(これは、Appleに関わらず、色々な話です。)
とても刺激になりました。

仕事と家庭の往復ばかりでは、良くないですね。
なんと狭い世界で生きてきたのかと改めて思わされます。

第2回、佐賀Appleユーザーの会参加申し込み

教職員Appleユーザーの会を立ち上げた!

 佐賀Appleユーザーの会に引き続き、教職員Appleユーザーの会を立ち上げました。
 学校では、一般にWindowsが広く普及しており、Macは少数派です。そのため、相談できる人は、回りにほとんどいないのが普通です。また、一太郎(学校では広く普及している)のファイルがネイティブでは読めないなど、使い続けるには越えなければならないハードルも多々存在します。
 Appleユーザーは、情報を交換し、助け合わなければいけません。その交流の場として、このMLを立ち上げました。

 次のようなことが話し合えればと考えています。

  1. Mac/iPad/AppleTV などの授業での活用方法
  2. Macでの能率的な事務処理の方法
  3. Windowsとのよりよい共存方法
  4. おすすめのハード、ソフトの情報共有
  5. Apple製品を使う理由
     など

 Apple製品(Mac/iPhone/iPad/FileMakerなど) をお使いに教職員、または、教育と関係のある企業の方は、是非、ご参加ください。下記のフォームからも入会できます。

Google グループ
教職員Appleユーザーの会に参加
メール:
このグループにアクセス

SNSをどう活用しているか。

SNS2.png


自分が今、ソーシャルメディアにどうアクセスしているかまとめてみた。

こうしてみるとやはりBlogとtwitterが中心にあることが分かる。
Blogが、自分の考えをまとめて表現する場、twitterが、“今”を表現・交流する場として位置づけられている。

今後は、Googleグループのような、より人とつながる部分を発展させていきたいと思う。
もちろん、核となるこのBlog(ちぢの部屋)もより高機能なものにしていきたい。

SNSを構築の研究

 佐賀Appleユーザーの会を立ち上げてから、人と人をつなぐシステムの構築に興味を持つようになった。現在、利用中、または検討しているシステムは、次の2つである。
 少しだけ試用しての感想(長所と短所)を述べたい。「少しだけ」なので、間違っているかもしれないがそこは、お許し願いたい。なお、青色で書いているのが短所である。

システム名 概  要 特    徴
googlegroup.jpg
Googleグループ
ディスカッションツール。
  • 簡単にメーリングリストが作成できる。(広告は入らない。)
  • 公開、非公開、メールの受け取り方など細かく設定できる。
  • Web上でも読み書きできる。(間違って削除しても安心)
  • メーリングリストのみに特化。他のサービスは終了する。
  • 名簿管理は別に行わなければならず、これだけで完結しない。
buddypress.jpeg
BuddyPress
WordPress上で実現するソーシャルネットワーク
  • オープンなSNS、そこそこ高機能。
  • 複数の人で管理できる。(おそらく)
  • プラグインなどを使い、機能向上、カスタマイズができる。
  • 設置は、それなりに難しい。
  • 私の環境では不安定。プラグインのコンフリクトも起こりうる。

 Googleグループで、メーリングリストを作るのは簡単だ。
 昨日の忘年会で、職場の人とおいしい物を食べにいくグループを作ることにした。仕事中は忙しくて話せないので、日程調整などはここでしようというものだ。出入りがそこそこある職場なので、出て行った人とも繋がれる。職場のコミュニケーションも円滑になるかもしれない。

 BuddyPressは、なかなか良さそう(下記の参考サイトを参照)だ。プラグインを追加するとtwitterでログインできるようにもできるらしい。
 これで、ICT活用に高い関心を持つ先生をつなげるSNSが構築できないだろうか。
 デジタル教科書・デジタル教材についてのメーリングリストはあるが、これらは、閉じたシステムであり、メンバー以外、中の様子は分からない。逆に、twitterはオープンだが、濃い内容を話し合うのには向かない。
 このような既存のシステム(ブログ、メーリングリスト、twitterなど)、ICTに高い関心を持つ人々をつなげるポータルサイトが必要だ。そして、そのシステムをBuddyPressで構築できないかと思っている。
 BuddyPressで構築したサイトは、WordBenchが参考になる。このような、ポータルサイトは、ICT教育関係では今のところないと思うし、必要なシステムだと思う。

※ WordBenchは、BuddyPressをほとんどカスタマイズしていない、シンプルな作りとなっている。
 

■ 私が参加しているGoogleグループ

  • FM-Kyushu ・・・・・・・・九州の FileMaker Pro ユーザグループ
  • 佐賀Appleユーザーの会・・・名前の通り、佐賀のAppleユーザーの集い。私が管理人を務めている。
  • Tグルメクラブ・・・・・・・招待制の佐賀グルメクラブ

■ 参考となるBuddyPressを使ったサイト

facebookから学んだこと

■ 興味を持った理由

 facebookについて調べていたことがあった。
 日本では、そこまで参加者が多いわけではないにもかかわらず、興味を持った理由は、下記の通りだ。

  1. 世界最大のSNSで5億人もの登録者がいること(日本最大のSNS、mixiは、2000万人強)。アメリカでは、30歳以下の90%が参加しているという。
  2. iPhotoなどのMac用ソフト、twitterなどのネットサービスとの接続が容易で、mixiなどと比べてオープンなこと。
  3. CEOのマーク・ザッカーバーグ(1984年生まれ、わずか26歳)が、長者番付32位に数えられ、半生が映画(しかも人気のようだ)にもなるなど、注目を集めていること。ジョブズでさえ、自宅に招いて良い関係を築こうとしている。

■ facebook 最大の特徴

 調べてみる前は、mixiの世界版みたいなものだろうと考えていたが、少し雰囲気が違うようだ。
 最も驚いたこと(つまりこれが最大の特徴なのだが)は、facebookが、実名で登録することを義務づけていることだ。写真も自分の顔写真を出すのが普通のようである。出身学校や宗教まで公開している人も多い(みたいだ) 。
 facebookは、この実名主義で成長してきた会社だという。匿名が基本で、プライバシーの公開に慎重な(使い方を好む人が多い)日本のSNSとは大違いである。
 実名主義というのは、プライバシーを守るという点で問題があるようにも思える。
 しかし、実名だからこそ、その人の発言・情報が信用されるという側面もある。facebookは、ネットと実社会を分けて考えていない。実社会での関係を深めるためのソーシャルネットワークなのである。

■ facebookを調べて思ったこと

 日本人のネットへの関わりは、匿名が主流だ。ネット上で実名や社会的背景を公開することは、危険で愚かなことだと考えられてきた。
 しかし、実際には匿名性が高いが故に、無責任で、卑怯な書き込みが横行し、ネット社会の品格、信頼を下げてきたように思う。2ちゃんねるでの見るに堪えない書き込みや、尖閣諸島事件に関わる中国人の書き込みなどみれば明らかだ。
 私は、現実社会では普通の人(例えば、高校や大学で「情報モラル」を教えていている人)が、ネット社会では、有名な荒らし屋だったのを目撃したことがある。匿名社会では、そんな人の闇の部分を表に出てしまうのだ。

 ネットでもできるだけ実名を使うという風潮を作っていかなければならないかもしれない。実際に、そう主張している人もいる

 学校も同じだ。「匿名なもの」を導入することは、教師と保護者の信頼関係を壊すことにつながる。話し合い、理解し合い、協力し合うという関係が持ちにくくなるからだ。

Appleユーザーの会発足

IMG_0169.JPG 11月20日(土)、第一回 Appleユーザーの会(親睦会。場所は、釜焼鳥本舗おやひなや【佐賀駅北口店】)を開催した。

 参加者は、6名だったが、日程が合えば参加したいという人は、倍はいた。個人的には、ちょうどよい人数だった。あんまり多いと収拾がつかない。
 初顔合わせにも関わらず、話はかなり盛り上がった。2時間の計画であったが、気づいたら3時間になっていた。参加者もみんなが気さくな人ばかりだった。いつも同業者とばかり顔を合わせているが、異業種の方と話ができたことも面白かった。

■ 発足の経緯

 この会が発足した直接の理由は、佐賀県武雄市で開催された、日本ツイッター学会での出来事だ。
 驚くことに、この学会の参加者のほとんどは、MacやiPhone、iPadを持ってきていた。もちろん、学会会長の武雄市長もMac & iPhoneだった。パネラーの佐賀県庁の方も。
 これには、かなり驚いた。学校もそうだが、官公庁はIT機器に対して、かなり保守的だ。Macなんてとんでもないという雰囲気もあったように思う。(この点については、いつかブログに書きたい。)

 私は長い間、佐賀でMacを使っている人を数えるほどしか見たことがなかった。少数派ということで肩身の狭い思いをしたこともあった。そんな理由で、Appleユーザーにはちょっとした親近感を持ってしまう。
 今回も、近くに座っていたiPadユーザーとすぐに仲良くなった。そして、近いうちにAppleユーザー同士の親睦と情報交換を行う会を開く話をした。それが、「佐賀Appleユーザーの会」が発足した経緯だ。

 佐賀県以外では、Macユーザーの集まりが熱い。ユーザーグループが、多くの人と企業を集めてイベント(Apple User Group Meeting)を開催している。地元の観光とおいしいものを食べらるという企画もあり、リピーターが多い。開催地も毎年増えている。
 佐賀は、一足飛びでここまで行くことはできないが、細く長くアットホームに続けていければよい考えている。できれば、他県のAppleユーザーとの交流も行いたい。

■ 次回のAppleユーザーの会は・・・

 さて、第二回のAppleユーザーの会だが、1月を予定している。具体的にいつ、どこで行うかは検討中だ。ただ、Wi-Fiのつながる店が望ましいと考えている。(難しいようならPocket Wi-Fi。)
 決まり次第、このブログとtwitterでお知らせする予定。
 第一回は、「集まる」ことそのものが目的だったが、第二回は、「今後のあり方」について話し合えればと思っている。例えば、年に何回開催するとか、メーリングリスト(今、Googleグループの活用を考えている)はどうするのかとか、規約とか・・・・。「細く長く」続けていくためには、とても大切なことだと思う。

 もちろん、初心者も大歓迎である。この会に参加すれば、MacやiPhoneついてとても詳しい人と知り合いになれる。それは、大きなメリットだと思う。

なお、佐賀Appleユーザーの会についての問い合わせは、twitter.com/saga_aug まで。メンションでもダイレクト・メッセージでもでも。

Windows版 学級情報システムを公開!

cis_win_p1.pngcis_win_p2.png

 第一回ファイルメーカー選手権で、年間優秀賞(163作品中2位)をいただいた作品(ソフト)です。
 ずっと前から、Windows版を出してほしいという要望がありました。やっとそれに応えることができました。

■ 用途

小学校の学級担任が、児童情報を効率よく管理し、有効に活用するために開発しました。テストの結果だけでなく、様々な児童のデータを統合的に管理できます。具体的には、次の10つです。

  1. 学級児童の情報(家庭、成績、保健、入賞、友人関係など)を安全に管理。(パスワードをかけて保護)
  2. 学籍一覧、摘要名簿、顔写真一覧などの書類作成(提出書類など)
  3. テストの集計、評価
  4. 「家庭への通信文」、「生活科・総合的な学習の記録」の作成(通知表・要録用)
  5. 個人懇談用の資料作成(保護者向け)
  6. 児童自宅の地図を表示(Googleマップとの連動)
  7. 保護者への連絡(メールを送る、SkypeOutで電話をかける。)
  8. 校納金の書類作成(※注 特定の学校に最適化)
  9. 特定のホームページを表示(天気予報、学校など)
  10. 年賀状、寒中見舞いの作成

※ 最小の入力で最大の効果(コンピュータが自動的に計算、推測して導き出す)が得られるように工夫しています。

■ 使用条件

フリーウェアです。ご自由にお使いください。ただし、著作権は、作者(に帰属します。このソフトを改良・改造して配布する場合は、作者までご連絡ください。詳しくは、同梱の「学級情報システムについて」をご覧ください。

■ 動作環境等

・Windows XP 以上
・初回は、起動に時間がかかります。アカウントは、「admin」、パスワードは設定していません。

cis_win_p3.pngcis_win_p4.pngcis_win_p5.png
cis_win_p6.pngcis_win_p7.pngcis_win_p8.png

download.png

Mac版、FileMaker版は、こちら から

バルーンフェスタ

Balloon.JPG
Balloon1.JPGBalloon2.JPGBalloon3.JPG
私の自宅は、バルーンフェスタの会場から歩いて30分くらいのところにある。
朝起きると窓の外は、バルーンだらけ。昨日は、外に出ると頭のすぐ上を飛んでいた。
今朝は、歩いてバルーンを見学しに行った。久しぶりに外を散歩すると気持ちがいい。いつも車で通っているところではあるが、歩いてみると色々な発見がある。こんな所にこんな空き地があったかのかとか、こんなお店があったのかとか。
ただ、洋服だけは失敗した。先週は、とても寒かったので今日は、厚着をしていった。しかし、とても暖かくて汗をかいてしまった。

バルーンを見るなら、朝早く行くのがいいらしい。7時に飛び立つからだ。私は、まだこの時間には行ったことがない。しかし、来年は、早起きして行ってみたい。
夜間係留もお薦めだ。たくさんのバルーンが河川敷に並び、音楽に会わせてファイヤーを焚く。これがまたきれいだ。終わりには花火も上がる。

この休みは、唐津くんちにも行きたかった。宵曳山(よいやま)は素晴らしいらしい。これも、来年は見に行きたい。

研究授業が終わり、すこしゆっくりするつもりだったが、それは甘い考えだった。
明日は、午前中、フリー参観がある。授業の準備を今から行わなければならない。

それから、学級情報システムのWindows版も開発を進めている。これも、数日中に完成させなければならない。